忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


女性の美へのこだわりは限りないものです。若くいたい、美しくいたい、アンチエイジング、ダイエット。これらのキーワードは永遠に不滅です。今は食べてもこの体操をすれば痩せるというのが人気ですし、多く出回っています。食べて痩せるというのは不自然なことではありますが・・・。実際、3食食べて、間食もして、その体操をしていましたが、痩せませんでしたよ(笑)。その体操を考案した人も、食べることが好きで・・・とかなんとか本に書いていましたが、今思えば、プロなんだからそんなバクバク食べないよね(笑)。不思議なのですが、逆にプロの方が言っているからこそ信じてしまうこともあります。いつまでも痩せないのでやめました。食事制限が一番です^^。

SEM
SEO対策とは

「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造


コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
PR

常連


新規のお客さんも大切にしなくはなりませんが、もっと大切にしなくてはならないのが常連のお客さんです。長く使っていただいているのですから、しっかり還元して感謝の気持ちを表さなくてはなりません。今、ドコモやソフトバンクからauへ続々とユーザーが流れているそうです。続々と流れるのはいいのですが、auは回線?接続とか大丈夫なのだろうか・・・。でも、昔からauはそういうの強かったから大丈夫か^^。他のキャリアが通じない場所でもauだけは通じるってのがあったからな。問題はどこもですな・・・^^;。常連をないがしろにしている!!!と常連さんのお怒りはものすごいですからね・・・。新規も大切ですが常連さんも大切に^^。

上位表示
外部リンク

SEOサービス

キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
短期間で検索順位を上げる
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命


その人が気になっている悩み別に分けてコンテンツを作成するといいと思います^^。例えば・・・シャンプーを取り扱っているのであれば、■紙がパサついて広がりやすい方→、■髪にハリやコシが欲しい方→、■頭皮の臭いが気になる方→、■抜け毛が気になる方→、■ダメージがひどい方→など、悩み別にリンクを貼っておゲバ、ユーザーがそれぞれの悩みを解決するためにそのリンクをクリックします。
問題はそこからで、そのリンク先の商品や商品説明がそのユーザーにとって魅力的でなければ購入までは至りません。その販売店と同じ商品説明を記載しても効果はありません。販売店と同じ子をしても本家には敵いませんから、自分の言葉で商品説明をしなくてはなりません。

インターネット広告代理店
Bing SEO対策

Webサイト サービス
SEO
SEO料金
SEO情報ブログ
トンちゃん
SEOサービス
SEOサービス
SEOサービス
トンケン経営研究所
トンちゃん ブログ
トンちゃんSEO
Webサイト 料金
広告代理店サービス
SEO情報ブログ